「内申点」って何? 高校受験とどう関わる?【高校受験】

「内申点」は、高校入試の合否に影響する大切なものです。しかし、そのつけ方や入試でどう使われるのかは「よくわからない」というかたも多いのではないでしょうか。
内申点は、制度そのものが昔とかなり変わっている点も多く、都道府県によっても違いがあります。思い込みやイメージにとらわれず、内申点と入試のシステムについて、早めに正確な知識を得ておくことが大切です。
そこで今回は、内申点の基礎知識と、保護者としておさえておきたいことについてお話しします。

「調査書」・「内申点」ってそもそも何?

「調査書」とは、生徒の学習や学校生活について中学校が記載し、高校に提出する文書のことで、俗に「内申書」とも呼ばれ、入試の選考資料として使われます。調査書(内申書)の内容のうち、おもに教科の成績を点数化したものが「内申点」と呼ばれます。内申点は、調査書に書かれた各教科の「評定」(通知表に1~5で記される成績)を使って計算されますが、算出方法は各都道府県によって異なります。
なお、9教科の成績を単純に足し合わせた数値(オール5なら45点)を素内申、各都道府県の算出方法に従って出した数値を換算内申などと呼んで区別することもあります。

内申点を上げるには「中3からがんばれば大丈夫」とおもっていませんか?

たとえば、東京都の算出方法(換算内申)を見てみましょう。3年のみの評定(成績)を使い、5教科は1倍、実技4教科は2倍して合計します。
たとえば評定がオール5だった場合、
5×5教科+5×4教科×2=25+40=65
この65点が満点となります。

このように、3年のみの評定を使う都道府県は、東京都のほか長野県、静岡県、愛知県、福岡県などがあります。一方、宮城県、千葉県、広島県、長崎県など、1年・2年・3年の評定が均等に扱われる都道府県も数多くあります。
たとえば千葉県では、
5×9教科×3学年=135
で135点満点。
宮城県では、東京都同様、実技4教科を2倍するため、
(5×5教科+5×4教科×2)×3学年=195
で195点満点となります。
その他、1年~3年の評定をすべて扱うけれど、3年の評定を2倍(高知県、熊本県など)ないし3倍(大阪府)にするなど、中3の成績を重視するところもあります。

県別の詳しい資料はこちら
内申点の内訳
県名 中一 中二 中三
北海道 90点満点 90点満点 135点満点
青森 45点満点 45点満点 45点満点
岩手 110点満点 220点満点 330点満点
宮城 65点満点 65点満点 65点満点
秋田 100%
山形 100%
福島 65点満点 65点満点 65点満点
茨城 45点満点 45点満点 45点満点
栃木 45点満点 45点満点 45点満点
群馬 45点満点 45点満点 45点満点
埼玉 45点満点 45点満点 45点満点
千葉 45点満点 45点満点 45点満点
東京 100%
神奈川 45点満点 90点満点
新潟 45点満点 45点満点 45点満点
富山 45点満点 90点満点
石川 45点満点 45点満点 45点満点
福井 100%
山梨 110点満点 110点満点 110点満点
長野 100%
岐阜 45点満点 45点満点 90点満点
静岡 100%
愛知 100%
三重 100%
滋賀 45点満点 45点満点 45点満点
京都 65点満点 65点満点 65点満点
大阪 90点満点 90点満点 270点満点
兵庫 100%
奈良 45点満点 90点満点
和歌山 45点満点 45点満点 90点満点
鳥取 100%
島根 45点満点 45点満点 90点満点
岡山 45点満点 45点満点 110点満点
広島 65点満点 65点満点 65点満点
山口 45点満点 45点満点 45点満点
徳島 65点満点 65点満点 65点満点
香川 45点満点 45点満点 130点満点
愛媛 45点満点 45点満点 45点満点
高知 65点満点 65点満点 130点満点
福岡 100%
佐賀 45点満点 45点満点 45点満点
長崎 45点満点 45点満点 45点満点
熊本 45点満点 45点満点 90点満点
大分 45点満点 45点満点 210点満点
宮崎 非公表 非公表 非公表
鹿児島 100%
沖縄 55点満点 55点満点 55点満点

※出典元:ベネッセ進研ゼミ中学講座
※平成30年度入試の情報です。
※(複数ある入試方式の場合は)募集人員が多い入試方式での内申点です。
※一部の都道府県では高校によって各学年の比率が異なります。

なお、東京都や宮城県などで、実技4教科の評定を2倍にしているのは、一部の専門学科を除き、入試ではテストが行われない実技4教科の成績も公正に評価するため、という考え方に基づいています。このように、実技4教科の評価に配慮する都道府県も少なくありません。

都道府県・学校で異なる「調査書」:「学力検査」の比率

公立高校の一般入試は、基本的に学力検査(入試の点数)と調査書(内申書)で合否が決まりますが、その比率も都道府県によって違いがあります。たとえば東京都の場合、2016年から全校一律で学力検査7:調査書3となりました。新潟県、宮城県、神奈川県などのように、学校によって比率が異なり、学力検査重視の学校と調査書重視の学校があるところも少なくありません。その場合、内申点が高ければ調査書重視の学校のほうが有利といえます。

中1・中2からの授業・定期テスト対策が大切!

このように、内申点の扱いは都道府県によってかなり差があります。内申点の計算方法や学力検査:調査書の比率は各都道府県の教育委員会のホームページなどで確認できますので、ぜひ、お子さまと一緒に、今の成績で仮の内申点を計算してみてください。学校の成績が高校入試にどの程度影響するか、実感できると思います。
保護者のかたにぜひ知っておいていただきたいのは、内申点の算出に中1~中3の成績をすべて使う都道府県はもちろん、中3の成績重視の地域でも、「中1のころから授業をしっかり受け、定期テスト対策をきちんと行っておくにこしたことはない」ということです。中3の学習内容の多くは、中1・中2で学んだことが基礎となっていますから、中3になってから急にがんばって成績を上げるのはなかなか大変です。

「内申書」はなんのためにあるのか

高校入試での学力検査:調査書(内申書)の比率は、各都道府県や学校によって異なりますが、近年はどちらかといえば学力検査重視のところが増える傾向にあります。それでも、学力検査だけでなく内申書を評価対象にする理由は、高校入試をテスト一発勝負にせず、中学校でのふだんの学習の成果をきちんと評価するためといえます。また、評定(成績)は、昔は「5」がつくのは全学年の7%、などと割合を決めてつける相対評価でしたが、現在は「観点別評価」に基づき、学校が定める一定の目標を達成した全員が「5」となる絶対評価でつけるようになっています。これも、生徒に競争させるのではなく、一人ひとりの努力を見るための評価方法です。中1・中2から入試を意識するなんて窮屈、と感じられるかたもいらっしゃるかもしれません。しかし、「中学校での日々の生活を大切にすることが評価につながり、選べる高校の選択肢が広がる」という、調査書(内申書)の基本的な考え方については、ぜひおさえておいていただきたいと思います。

プロフィール

安田理

安田理

大手出版社で雑誌の編集長を務めた後、受験情報誌・教育書籍の企画・編集にあたる。教育情報プロジェクトを主宰、幅広く教育に関する調査・分析を行う。2002年、安田教育研究所を設立。講演・執筆・情報発信、セミナーの開催、コンサルティングなど幅広く活躍中。
安田教育研究所(http://www.yasudaken.com/)

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A